価値あるマンションの選び方!

先日 リクルート suumo(スーモ)『語りたいマンション特集』で 建築のプロとして 取材を受けました。今週3月14日火曜日から各駅に無料配布されている情報誌で「プロの読み解き」コーナーに 一部が掲載されています。

「語りたいマンション」の共通点は 「このマンションでずっと暮らし続けたい」というそのマンションの住民の強い思いが表れていることです。つまり 住んでいる人にどれだけ愛されているマンションなのかでその資産価値が決まります。新築時ではなく何年か経って中古になった時に そのマンションの本当の価値が現れるのです。
「駅に近い、利便性がよい」というような外的立地条件も大切ですが
それ以上に 「住み心地がよい」という心理的な安心感が最も重要視されているのです。
子どもにもいずれ譲りたい。または 子どもにもこのマンションで暮らして欲しいと思う住み心地の満足度が高いことが一番の特徴です。
そして このマンションを買いたいと思う人が常にいる。つまりは外部から見ても良いマンションと思われる価値が分かりやすいことです。

経年後も選ばれる価値あるマンションの条件は
①住民の資産価値への意識が高いこと
資産としての維持が計画的にきちん実行されていて 資産価値を上げることも考えられている。

②住み心地がよい人間関係を築いている。
世代を越えた多世代が繋がり 経年後も続いていく関係が築ける環境を作り続けていること。

③集合住宅という戸建住宅とは違う共同生活のメリットを認識している
このマンションを愛する価値観が同じ人との暮らしがある。
繋がり、連帯感、このマンションの自慢・誇り・好みが共通していること。

④マンションの管理組合の考え方・差別化が マンション価値を上げている
住民が一番よく分かっているそのマンションの良さをより深く掘り下げ
そのマンションならではの特徴とビジョンを表現できている。
マンションの管理組合の取り組み方でマンション価値も大きな差を生む時代です。

これからは 日本でも海外と同じように中古住宅の価値がますます見直されてきます。
マンションの数も増えました。
その中で 経年後も選ばれるマンションは そこに住む人間次第ということでしょうか。

今週号 リクルート suumo(スーモ)『語りたいマンション特集』には
選ばれた素敵な中古マンション事例が掲載されています。
どうぞ参考にしてください。

老後資金の「安心老後」と「貧乏老後」の分かれ道は、55歳? 住まい方の分かれ道は?

老後の預貯金、株式投資、保険、副業、自宅購入、不動産投資…どうすればいいかという科学的に分析した本が売れているらしい。
それによると どうやら55歳から準備をしていれば 老後資金は間に合うということらしい。

これは 住まい選びでも同じことだと思っている。
自分の老後の住まいをどのようにするかは 55歳から準備すれば間に合うだろう!

30代の家、50代の家 そして70代になった時の家
ライフスタイルも変わっていくのだから 住まい方も変わっていく。

55歳は これから迎える老後を少しずつ考えられる年齢でもある。
また 体力的にも金銭的にも 安定してきていることが多い。
心身共に充実している年齢だからこそ 人生100歳の時代を どう生きるか?
老後資金も住まい選びも 考える時期がとても大切になってくる。

今の時代の 50代 60代は
若い世代にも 歳を重ねた世代にも まだまだ必要とされる大事な世代だ。
しかし 忙しい年齢だが 自分の将来のこともしっかり考えて そして行動して 毎日を大切に過ごして欲しい。
「安心な住まい方」と「不安な住まい方」の分かれ道は 55歳から65歳の行動力次第で大きく変わっていくのだから~!

子育ては 共助・互助で!

私には 現在 幼い孫が3人います。
嫁も娘も フルタイムで働く女性! 働く母親です。

私自身も ずっと働く母親でした。
そして 今は保育園の入園を切望する働く祖母に なりました。

今現在   保育園に入れないでいる孫を 親族交代で 協力しながら預かっている毎日だからです。
親族だけでなく近所の方にも協力して頂けたら 私たち祖父母もかなり体力的にラクになります。

しかし 日々忙しく朝から晩まで仕事している我が子たちの家族は  実際  一日中留守のことが多くて 中々近隣の方との会話もなくて 子どもを見ていただけるほどの信頼関係は築きにくいのかと思います。

私は 幸いにも 自分の事務所でスタッフにも協力してもらえて助かっています。
スタッフの子どもが保育園に入れなかった時も みんなで協力してきました。

保育園問題は 子育てママたちだけの問題ではありません。
孫育てを協力したいと思っている祖父母たちにも優しい社会になってもらいたいものです。

 

人生100歳の時代がやってきた!

もし 100歳まで生きるとしたら これからどんな人生にしていたいと思いますか?

私は 今の仕事を今のまま続けていく事は難しくなるでしょうが
今までしてきたことを 別の形で活かすことができたら良いと思っています。

地域とのつながりを強めることをしていたいです。

もしも年老いて自宅から外出することが困難になっても
近くの地域と繋がって 年齢を重ねたから分かる事やできる事をして
互助の生活ができたら良いと思っています。
私の「家開き」が 目指すものでもあります!

2011年東日本大震災が起きたときのことを思い出してください。
共に 助け合う事が これからのこの時代を生きる人生100歳に必要なことだと思うのです。

関連サイト; 100歳を考える

中古住宅の履歴書!

日本の中古住宅の市場が 最近やっと少しずつ変わってきましたね。

リフォームしながら大事に住んできた家を売却する場合
全く手付かずにしてきた家との価格的な違いはあって当たり前のはずです。
しかし日本の場合 戸建住宅の建物等は築年数だけで家の価値を決められ
主に土地の査定だけが売却価格の要因になってしまうことさえあります。
手直しして大事にしてきた家の価値が認められない状況なのです。

中古物件は表面的な見栄えだけでは分からないことがたくさんあります。
特に表面の見える部分だけではなく 見えない部分の配管などの状態が良いか悪いかは 購入する側にとっても とても大切なことになります。

弊社は 今までリフォームやリノベーションをたくさん手掛けてきましたが  その家の工事履歴書をすべて保存しています。 約30年分です!
ものすごい書類とデータの保存量になりますが
過去の工事をしたお客様から再度連絡や相談を頂いた時には必要になるからです。
例えば 電球一つ切れても次はどんな電球を買ったらよいだろうかと相談を頂いたりします。
時代とともに電球も変わりますし より良いものを提案するためには 既存のものを再チェックする必要がでてきます。だから 弊社のためにずっと工事履歴を保存してきたのです。

でも 最近は この工事履歴があるかないかで中古住宅の価値が変わってきました。
お客様のためにも 弊社は工事履歴をとっておいて良かったと思うこの頃です。

自宅を売却するときに 工事履歴がない場合は 最近は ホームインスペクション(住宅診断)を受けて 自宅の価値を客観的に診断してもらう方法もありますが これは目視で表面的な判断だけになります。見えない部分はやっぱりわかりません。

人間も年老いてくれば 内臓も血管も衰えますが外からは見えません。
いくら表面的にお化粧をしても 内部までは若返りません。
家も同じことです。表面だけの外装や内装をきれいにしても
見えない部分がそのままではこれからの耐久性は不安です。

家の健康診断になる工事履歴はますます大切になり その必要性が認められてきました。
中古住宅を購入する人にとっても とても良いことだと思います。

人生の大先輩からのアドバイス!

「60歳を過ぎたら  これからの自分の人生で一緒にお付き合いしていく人を考えたほうがいいよ」
60歳になって人との付き合い方を変えることなど考えていなかった私に
80代のお客様からの重みのある一言!
「相手の年齢とか学歴とか立場など今までの持っているものには関係なく  これから伸びしろのある人間とお付き合いしなさい。」
私の残りの限られた人生を大切に過ごすためにと アドバイスしてくださる人生の大先輩。

お客様自身はいわゆるエリートといわれた方、国立T大学を卒業し有名なメディア企業の社員として世界中で活躍されてきた経歴の持ち主です。でも 現在は介護を必要とする家族と二人だけの生活です。
きっと私が知らない多くの経験をされてきて いろいろ考えていらっしゃるのだと思いました。

家族でもない全くの他人が 自分の今までの経験から学んだことを伝え
誰かの役に立つかもしれないと思う知恵を話してくれることは ありがたいと思います。
世代を越えて良かれと思う言葉を その時々の状況に合わせて何気なく後輩たちに与えることは昔はよくあったのだと思います。 そう「おばあちゃんの知恵袋」みたいな感じで・・・。

でも核家族化が進んで おじいちゃんおばあちゃんの知恵を聞かされることはほとんどなくなりました。
聞かされることがないということは 話すこともないということですね。
ネット社会になって 知らないことは検索すればある程度はわかる時代ですが
その人の状況や顔色を見ながら相手が思ってもいないような知恵を与えることができる人生の先輩方のアドバイスは 改めていろいろなことを考えさせられるはずです。

そして 人生の大先輩の方々はまだまだ人のお役に立てるし立ちたいと思っているのだと思います。
世代を越えたお付き合いは 先輩にとっても後輩にとっても とても大切だと感じます。

還暦を過ぎた私に頂いた大先輩からの言葉の意味は とても深いです。
私自身もまだまだ伸びしろのある人間でありたいし
伸びしろを広げられる行動を心がけたいと改めて思った次第です。

2017年、新しい年の 小学校だよりの言葉

今年初めての町内会の回覧板!
近所の小学校の校長先生のご挨拶からだった。

【皆に好かれる人よりも 皆を好きになれる人になろう】
人間関係を高めるためには まず自分側から好きになる事だという新しい年の心構えで  スタートにふさわしいお話。

どんな人間が最後に生き残るか?をコンピュータが遺伝子的に推測したところ 「強い人」「競争に勝ち抜く人」ではなく 「譲る心を持った人」だったそうです。遺伝子の働きが理想的に働くからだそうです。

ゆとりある心は 体内の遺伝子にも良いという事ですね。
いつも思うけれども 小学校のお便りはとても分かりやすくて  この歳になっても改めて考えさせられる事が多いと思います。

歳を重ねると 我儘になっていく老人が増えますが〜ゆとりある穏やかな遺伝子を持っていたいものです。