1級建築士の仕事、36年間から思う!

建築士の仕事のイメージは 一般的には
建物の設計をして  建築現場でヘルメットをかぶって監理しているイメージなのでしょうか?
テレビドラマなどによると そんな仕事に設定されているような気がします。

もちろん そういう仕事がメインで 大切なのですが…
私は 建物を設計する前のコンサルティングがとても重要だと思っています。
設計が向かっていく方向を 建主(クライアント)と共有できないと進めないからです。

表面的な希望は クライアントもヒアリングによって いろいろお話してくださいますが
その希望に至る本質みたいな思いを理解しないといけないと思っています。
だから 建築士の仕事の大半は 私は 実はコンサルティングであり 質問力だと思っています。
クライアントに本当に幸せだと思ってもらうために何が出来るのか?
ご自身にも気づいてもらうための 質問力です。

質問力って どんな仕事でも大切だと思います。
どんな質問をするかによって 答えも答え方も変わってしまうからです。

お客様自身でも気が付かない自分の希望や夢をかなえるために
いろいろな角度から提案し 質問していくことがとても大切になります。
建物のデザインや設計の力は その人の生き方まで変えてしまうことさえあるからです。
だから どれだけお客様のことを考えられるか が求められているのだと思っています。

建築士として そういう仕事に関われることは 責任も重いし
常にあらゆる分野の情報や勉強を欠かさない姿勢が大切だと感じています。

自分の人生の半分以上を 建築士としての仕事に携わってきた現在の私。
こんな私だからできる事は何なのか?
これからは この経験を建築士という枠内だけではなく
違う形でも貢献できるようにしたいと考えています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ただいまスタッフを募集中

スタッフに望むことは
自分だからできる事、自分しかできない事を大切にして
自分のミッションをしっかり持って 自己実現して欲しいと思います。

クライアントを幸せにするには
まずは 自分自身が幸せな人生を歩んでいなければいけません。

私は幸せです。これからも 私には幸な人生がいっぱい待っていると思えるような明るく前向きな生き方ができる方たちを応援し 一緒に仕事をしていきたいと思います。

 

 

 

 

 

子どもより高齢者が多い〜これから本当にどうなるの?この日本!

65歳以上の6人に1人はひとり暮らし。

少子高齢化に歯止めが掛からない!

生まれる子どもより死亡する人が多いので 人口が減り続けている日本。

本日発表があった昨年の国勢調査の確定値をどう考えるかは人それぞれだが

他人事ではないことは確かです!

未来はどんどん変わっていく! 

10月になりました。
本当に1年はあっという間に過ぎていきます。
最近は ますます月日が加速して流れていくように感じます。
だから 未来とか いつかなんて すぐにやってきます。

今朝の日経新聞!
近い未来はこんな風になるんですね。

日常の暮らしの安心、安全も インターネットに繋げて IOT活用の時代。
住まいの在り方もどんどん変わっていくのでしょうね。

しかし  どんなに便利な時代になろうとも
変わらない もの、  人が必要としているもの  があると思っています。

それは 機械やロボットでは満たせない 人の温かみ!
温かみって 一言では 言い表わせないけれども
人への思いやり、優しさ、 気遣い、 察する心・・・

未来がどんなに便利になっても
そういう人間らしさを大切にしていきたいですね。

大学入学式、学長の式辞から思う

今年の日本全国の大学入学式、 学長の式辞はいろいろでしたが…!

新入生のためのメッセージとはいえ
これは  いくつになっても心掛けておきたい言葉ですね(^^)

例えば 京大総長は 「失敗や批判にもっと楽観的になり それを糧にしよう」
東大は 「知をもって人類社会に貢献する人材になろう」
大阪大は 「地域に根ざしつつ 海外にも目を向けて…」
関西学院大は 「二つのことに同時に挑戦をしよう」
徳島大は「マイビジョンを実現しよう」・・・

社会人になった人にも ベテランになった人にも
定年退職したこれから人生再スタートの人にも

常に初心に戻って 自分を振り返り
これからの自分の未来の人生に向かって 前向きに進もうと思っている人にならば
ぜひ 送りたいメッセージばかりですね(*^^*)

そう、年齢には関係なく いくつになっても前向きに挑戦していきましょう!

私のまわりには素敵な女性はいっぱいいますが〜今の私にとって 一番の憧れの方(^^)

3月18日金曜日から銀座和光ホールで始まる   岩井 香楠子染色展 

弊社のお客様でもある染色作家の香楠子先生の4年ぶりの個人作品展でもあります。

この春のいろいろな着物雑誌にも 岩井先生の素敵な作品がたくさん取り上げられていました。

岩井 香楠子先生の作品は
いつも穏やかで繊細でとても素敵なのですが〜

私は何よりも 香楠子先生のお人柄がとても好きです。

8年程前に 香楠子先生の横浜のご自宅の設計を 知人を通してご依頼頂いたことが ご縁ですが
設計の打ち合わせに行っていたときは
先生が今製作中だという作品に対する思いや苦労をとても楽しそうに話してくださったのです。

実は 昨年喜寿になられたのですが 私も先生の歳を意識したことはありません。
いつも驚くような若々しい考え方とパワフルな行動力で 私をワクワクさせてくれ
もっと頑張らねばと激励されているような力を頂いているのです。

小さなことにはこだわらず 大局的な物の見方ができるたくましさがあるのですが
時々少女のような可愛さを見せてくださるとても優しい女性。
そんな姿を見ていると こんな風になりたいと憧れてしまいます。

香楠子先生のアトリエは 御自宅と少し離れたところにありますが
そのアトリエで働く男女のスタッフたちは 先生の着物の世界に魅了された若者ばかりです。
後輩を育てながら 自分の次の作品にも 毎回新たな挑戦をする姿は本当に素敵です!

来週から 銀座4丁目交差点の和光の大きなショーウィンドーに
香楠子先生の素敵な作品がまた飾られると思うと とても嬉しいです!

 

 

車好きだから「安全運転三原則」再確認!

最近、ベテラン運転手による大型バスの事故が続いています。
原因はいろいろかもしれないけれども
運転ミスによる事故だとしたら本当に怖いです。

私は ほぼ毎日 車を運転しています。

18歳で免許取得して以来  今まで住んだ家が全て駅近くだったにもかかわらず
車のない生活はした事がありません。

車が好きですし、運転も楽しいからです。

でも 最近思います。
運転ってやっぱり怖いものだと。
そして運転って  何歳までできるのかしら?と。
車が好きだからこそ 先々まで考えて
限られたカーライフを楽しみたいと思っています。

保険会社のチラシからですが レーサーだった中嶋悟氏からのアドバイスの記事!
参考になりました(*^-^*)

①周りをよく見ること!
360度を意識的に見る。あたりまえかもしれませんが
ナビがあったり ハンドフリーの電話があったりと
私も便利なものに気をとられているかも…

②良く伝えること!
ウインカーを早めに出したり 次の行動を周りに予測してもらうって
歳と共にますます必要ですよね~。

③身を守ること!
車間距離とかは速度で決めるのではなく
状況や自分の反応時間を知ることが大切、ほんとその通り!
歳と共に鈍くなっていることを自覚しないとね… 汗

今日は夕方から雪道になるかもしれないとのこと!
慣れと過信には 気をつけたいと思いました。