子どもは 育った環境で その後の人生が 決まる!

『女を修理する男』

なんと変わったタイトルか、と思いながらも
何も知らずに たまたま借りて見たDVDでした。

しかし それは大変な作品であったのです。

img_6356

性暴力にあった女性や少女たちののために
命がけの治療をした医師の
ドキュメンタリー映画だったのです。

この映画の主人公の男性こそが、
今年、2018年10月5日に ノーベル平和賞を受賞したコンゴ人、
婦人科医師、デム.ムクウェゲ医師だったのです。

映画だけでは 彼の功績とその真実は とても表せません。

内容は 女性や少女たちの悲惨な状況や
不安定な無法国家の治安問題が
メインに描いてあるものでした。

しかし  私が一番気になった事は
この実話で 犯罪を起こしている男たちの ほとんどが10代で
まだ幼い顔を持った青年だったことです。

彼等は 斧を持って人を殺したり
レイプする事に なんの違和感も感じていない。
それどころか 英雄の様にさえ思っているのです。
何が悪いのかも 分かっていないのです。

信じられない事ですが、
今でも 世界ではこのような事が
いろいろな国、地域で起こっているのが現実だという事です。

なぜ この幼い男たちが犯罪者になってしまうのか!

これこそが 「洗脳」なのです。
大人により間違った考え方を植え付けられてしまった「洗脳」 は
本当に恐ろしいことだと思います。

これは 子どもは 育て方次第で
犯罪者にしてしまう事もできるということなのです。

国の教育や親の考え方で
純粋な子どもの心は どうにでもなっていくということの表れなのです。
本当に人間が人間をつくるということは 恐ろしささえ感じます。

同じコンゴという国の中でも
ノーベル賞をもらった婦人科医師、デム.ムクウェゲ医師のように
社会問題を自らの命を懸けて戦うように育てられた人もいれば
斧をもって人を殺すことが英雄と思う青年に育てられた人もいるのです。

毎日の暮らしている生活環境が
子どもの人格形成に大きな影響を与えるということです。

日本にいると その違いに気付きにくいかもしれませんが
親それぞれの考え方が とても重要になります。
ですから 子どもの育つ環境は
その親の考え方の表れといっても過言ではありません。

これからの未来ある子ども達のために
いま 大人として、親として、 何かできるのでしょうか?

子どもをどういう環境で育てていくかを考えることは
子どもがどういう大人になって欲しいかを考えることからが
スタートなのです。

広告

私の「家開き」の原点!子育てママが 自宅を活用して好きなことを好きなように続ける!【その1】 

家族を大切にしながら
自分の仕事としての夢を叶える。
子育ても楽しむ!
妻であり母であると同時に
一人の女性としての幸せも大切にする。
一人の社会人として社会にも貢献できることに関わる。

私は そうありたいと思ってきました。

それは簡単にできる事ではありませんでしたが
30年前の私は そのために何をしたらよいかを
いつも考えていました。

私は 長男が小学校1年生になった時に
自分の働く仕事の場所を自宅に変えました。

それまでの仕事場は
自分で独立して開業したピカピカの事務所でした。
横浜駅から徒歩で行ける最新の新築オフィスビルの中。
自宅から電車に乗って 毎日意気揚々として通勤していました。

業者やお客様にとっても便利な場所でしたし
生活感が全くない 明るく気持ちよいオフィス空間。
設計デザイン事務所として仕事がしやすい広さに
新しい家具を置いての申し分ない職場環境だったと思います。
ここから私は独立スタートしたのでした。
一つの夢を叶えて とても嬉しかったことを今も思い出します。

しかし まもなくして
あえて 私は その事務所を離れ、仕事場を自宅にもって来ました。
それは やはり母親である事を もっと大切にしたかったからです。
家族を大切にしながら 働きたかったからです。

子どもたちが保育園に入っているときは
安心して保育園に子どもの毎日の生活をお任せして
横浜の事務所まで通勤できました。

しかし 子どもが小学校に入ったら
親の役目がより大切なことを痛感させられました。

私は一級建築士としての自分の仕事は続けていきたかったのですが
母親として子育ても大切にしたい、
両方の想いがとても強かったのです。

仕事か子育てか
どちらかを選ぶという選択ではなく
両方をどう上手くやっていくか を考えたとき
優先するべきは子育てだと思いました。

しかし 仕事もやっぱりやり続けたい!
仕事のために 子育てをどのようにするかではなく、
子育てのために どう仕事をしていくかという選択をしたのです。

そこで自宅の一部の狭いところに仕事場を作る事にして
業者もお客様も自宅に来てもらえるように工夫しました。

私がそのように決心できたのは
やはり自分で開業していて
自分で自由に決める事ができる立場であり
その強い決心ができる切実な状況を感じていたからです。

それからも 子どもを育てながらも
自分が良い環境で仕事ができるようにしていくためには
どうしたらよいかをずっといろいろ考え続けました。

仕事は 専門性の経験も営業力も大切です!
どんなに専門スキルが優れていても
依頼してくれる人がいなければ仕事はできません。

自宅を仕事場にしてからは
家族には迷惑はかけたくないので
時間的な制約や営業面は難しくなりました。
まだ ネットはない時代でしたから…

個人事業主の制度の
経理上の税金面や時間管理面の有利さを
どう活用するかを学んだり、
その時しか経験できないことが
今ではすべて糧になりました。
(この詳細はいずれ書きたいと思います。)

自宅を活用したひとり開業!
これが 私の「家開き」の原点だと思っています。

 

ワンオペ育児やワンオペ介護にならないために シェアを意識する暮らし方

私が 「家開き」を勧める理由はいくつかあります。

その中でも特に 自分が経験してきた「育児と介護」で
ワンオペの大変さを家族だけで解決しないで欲しいという思いから
「家開き」の考え方を知って欲しいと 強く思っています。

ワンオペ(ワンオペレーション)という言葉をご存知ですか?
「外食チェーン店などで 夜間などの人手が不足する時間帯に
従業員を1人しか置かず全ての労働をこなす行為」からできた言葉だそうです。

この「ひとりで何もかもこなす」という状況が、
ひとりで仕事・家事・育児のすべてを回していかなければならない母親の
「ひとり育児」と似ていることから
ワンオペ育児」という言葉も生まれたようです。

そして 今では
家族だけの介護も 「ワンオペ介護」状態になりつつあります。
高齢化が進み 認知症等の介護が必要な親に
どう対応していけばよいのかも問題になっています。
少子化で兄妹が少ない中、子ども一人が仕事を辞めて
在宅して親の世話をすることも 珍しくなくなってきました。

しかし 私は
どんなことも ワンオペ(ワンオペレーション)は
本当に 良くないことだと思っています。
どんなに頑張っても必ず限界がきます!
特に精神的な限界から 体調までおかしくなる人がたくさんいます。
そして 家庭内事件に発展していく事さえあるからです。

だから 「家開き」を勧めているのです。
自宅に 家族以外の外の風(その住民以外の人)を入れて
心の風通しも良い状態にして欲しいと思っています。

もっと人の力を借りましょう!
ベビーシッターやホームヘルパーを活用しましょう!

費用が掛かるからという理由から踏み出せないならば
まずは週に1回、1時間だけからでも来てもらいましょう!
その解放感・安堵感をぜひ味わってください。
自分の心身共に体調管理するための必要経費と考えてください。

しかし もし費用のことではなく
他人を自宅に入れることに戸惑いや抵抗があって
「家開き」ができないからワンオペを続けていこう思うならば
それは 自分が変わらない限りは
その状態から抜けだせないということを知ってください。

「家開き」しない理由とできない理由は 違います。
もし 自分をワンオペの大変さから開放したいと思うならば
いろいろな角度から考え工夫する行動力が必要です。
気がかりな事を一つ一つ解決しながら
行動する勇気を持ちましょう!

「家開き」する勇気を持つと同時に
暮らし方を変えるためには 住まいに工夫も必要です。

家族が協力し合い、創る、居心地のいい住まいは
他人にとっても協力したくなり
助け合える家になると思います。
ホームヘルパーやベビーシッターが
喜んできてくれる住まいを目指しましょう!

一人で大変だと忙しがっている人は
なんでも自分がやらなければ誰がやるのだろうか?と考え、
基本的には 自分の思い通りにしないと気が済まないタイプ。
だから 全て自分が動いて やっている人が多いように思います。
人に任せることが 苦手な人なのかもしれませんね。

例えば 家庭での台所の食器の入れ方!
決めた食器の定位置が 自分のルール通りに入っていないと
自分が次に使う時に 使い勝手が違ってしまいます。
だから 同じようにしてくれないならば
自分で片付けた方が早い…と思ってしまいます。
でも そうなると いつも自分が食器を片付け
入れなくてはなりません。

誰にでも 分かりやすく
片付けやすい食器棚だったら どうでしょうか?
常に自分以外の人にも 分かりやすくしておくならば
きっと 外部からのホームヘルパーやベビーシッターも
頼みやすいかもしれません。

なんでも自分しかできない状態にすることは 避けましょう^^
他人に任せる、と言うことを意識しながら
住まいを考えておくと ラクな住まいになり
暮らし方も変わります!

ワンオペ育児やワンオペ介護にならないためにも
自分から心を開いて 人に頼ったり任せたり…
気楽に行動してみてください。

「住まいは生き方」

住まいを変えると生き方が変わります。

これは 多くのお客様の住まいに関わってきた私が
ずっと思ってきたことです。

そう、だから
住まいから 心豊かになれる社会に変えていきたいのです。

人が毎日生活する住まい!
この住まいでの暮らし方で 人生を大きく変えることもできるのです。

子育ても、老後も、介護も、住まいの在り方で全く変わってきます。
住まい方は その人の生き方が現れるものなのです。

例えば 子育て中の住まい。
「三つ子の魂百まで」 といわれていますが
子どもをどういう住まいで育てるか、
どういう環境で どういう習慣が付くのかは
その子どもの人生に大きな影響をもたらすということです。

2B048F89-0553-40B9-945E-9DDDCBAC51ED
(⇧これは受験塾長が教えてきて分かったという本のタイトルです)

余談ですが
現在、水泳界で大活躍している池江 璃花子選手の自宅!
自宅にうんていがあり テレビもうんていをしながら見ていたとのこと。
子どもをどう育てたいかで 自宅の作り方も変わってきますよね。

住まいは形から考えるのではなく
どう暮らすかを考えることが 一番重要ということです。

だから「住まいは生き方」なのです。

働くママは頑張り過ぎない!協力し合う事が大切!

弊社の強みのひとつ!
それは
女性だけの建築設計事務所で
働くママが1人でやっているのではない
ということです。
今はスタッフ全員が 働くママたちです。

アキ設計では
日頃から 仕事を共有できる体制を作っています。
ワークシェアをしています。
また お互いが子育てという
同じような立場や経験をしてきているので
すぐに理解し合えて、
カバーしたり、フォローすることができます。

仕事をもって働く以上は 個人的な事で
できる限り迷惑をかけたくない。
子供が熱を出したり
急なことがあったときは
働いているママたちは
誰もが急な対応に悩みます。

そんな時、
働くママ1人での対応には
限界があります。

協力体制を作る、
チームで仕事をする、
ということが いかに大切かということです。

いざと言う時に
誰かに助けてもらったり
応援してもらったり

そしてまた反対に
自分も誰かの役に立てる体制があるということは
働きやすい職場の条件でもあると思います。

働くママたちに大切なことは
職場でも互助の関係を
日ごろから作っておくということ。
そして 頑張りすぎないことです。
我慢しないことです。

小さい子がいると
自分だけがいつも頼っていると思いがちですが
それは違います。

今すぐでなくても
だれかの為に何かできることが
いつかあるかもしれないと思っていて いいのです。
そして頼る時は素直に感謝して
絶対に無理をしないことです。

今までは 私は スタッフのために
子どもが保育園に入れない間は
子連れ出社もOKとしてきました。
子どもは 社内の誰かが見ていてくれるので
打ち合わせや現場に出ていく事も
可能なような職場環境を作ってきました。

子連れ出社OK、みんなで子どもを育てよう!
なんて 思ってきましたが
実は今では 反対に 私が
自分の孫を預かってもらうこともあります。

まさか 自分の孫をスタッフに見てもらうことになるとは
考えてもいなかったのですが
そのおかげで 私も仕事がスムーズにできるのです。

アキ設計のように
仕事を共有しワークシェアすることによって
ママたちが安心して助け合える職場環境は
本当に大事だと思います。

また 仕事をしていると 多忙という理由から
どうしても優先順位が下がりがちになることが
地域への貢献や子どもの行事や役員としてのお手伝いです。
しかし 忙しいからこそ 少しでもできる範囲で
積極的に参加することが大切です。
これは 時間的余裕と精神的余裕がないとできませんが
参加することで みんなで協力し合える関係ができ
いろいろな余裕が生まれてくるからです。

働くママは頑張り過ぎないこと!
協力しあえる仲間づくりや孤立しない体制を心掛ける事!
これからは ますます重要だと思います。

これからの子どもに必要なことを考える。

7月末に 2018年度の全国学力学習状況調査の結果が出ました。
現在の日本の子どもの姿の一面かもしれませんが
一般的な学力の傾向が なんとなくみえてきます。

基礎的な学力はあっても
そこから自分自身で考え、考察し、
記述するような、思考力や表現力が弱いと
学力テストの結果からは 出ているようです。

img_6057

自分なりの考えをもって それを広げていく力が弱い…
これは 現在の子どもだけではなく
日本人の昔の教育を受けた今の大人にも言えることではないか
と私は思いました。

そして 改めて
これから よりグローバルな社会なってくる世界で生きていく未来の子どもたちに
いま、本当に必要なことはどんなことなのだろうか?と考えます。
そのために 親は何を考え どう行動していることが良いのでしょうか?

いつの時代も 親は初めて親になり
初めて子どもの教育という難題を抱えるのです。
子どものために できるだけのことをしてあげよう、
いろいろな経験をさせてあげよう、と考えることは
親として当たり前のことかと思います。

そして時代の流れがより速くなっていく現代では
なおさら、どう子育てをしたらよいのか、焦り悩むことだろうと思っています。

しかし 私は つくづく思っています。
子どもの早期教育がエスカレートしている最近に疑問を持っています。

時間の流れが速くなるほど ゆっくり行動し
大人は「待つ」ということが いかに大切になるのかと考えているのです。

ぼーっとしている時間や
何も言われないで 放っておかれる時間が
人間にはとても大切だと思っているのです。

特に 子どもたちの頭の中は 雑念がなく
透き通るような真っ白な状態です。
その中に 大人の普通の考えや大人が良かれと思う経験をどんどん押し込め
大人の都合で 速く速くと次から次へと行動させる事は
とても もったいない気がしています。

空想の世界や ゆったり流れる時間が
新しいものやオリジナルな才能を伸ばすのです。
与えられてばかりいると 自分らしさは どんどん消えてしまいます。

子どもには できないことがいっぱいあります。
そして それを達成していく過程が一番大切になります。

子どもの思考力を伸ばすためには
何かをしているときには できるだけ声掛けをしない!
親が 先へ先へと手を出さない!
子にはできないことは できていないのだとはっきり教え
考えさせる時間を与え
親は待つ時間、いや 親の時間として自分の時間を大切に使っていて欲しい!
親がレールを敷くことは止める!

放任とは違います! 放っておき、見守ることが大切なのです。
親は 子どもの自立を促すことを考え、行動する事がとても大切なのです。

そして 子どもが オリジナルなことをしていたり
話したりした時こそ 褒めて認めてあげることが大切になります。
人と異なる発想や意見を自信をもって言えることが とても重要になります。
みんなと同じというより ずっと素晴らしいことなのだと
褒めてあげる事も必要だと思います。

子どものゆったり時間と同様に
次から次へと仕事をしている大人たちにも
本当は ぼーっとしている時間が大切で
勝手にいろいろな発想ができる時間が重要なのではないかと思っています。

ところで、今回の学力テストで 高成績を残した県は
秋田・富山・石川等の 日本海の穏やかな地域だったそうです。

そして 大阪・東京・神奈川等は 残念な結果だったそうです。
理由はよく分かりませんが
歩く速さにも表れるような生活のリズム等の
環境や習慣が影響しているようです。

一概には言えないかもしれませんが
子育ての結果は その子供が社会人になった時に表れるものだと思っています。
子どもの頃に育った環境は 本当にとても大切になるのです。

そして 何よりも 子どものお手本になる人は
一番身近な親であることを忘れないで欲しいのです。
自分の好きなことを楽しそうにやっている親を見ながら育つ!
そのために勉強もし、生き甲斐をもって 社会に貢献している親を見ながら育つ!
いつも笑顔の親を見ながら育つ!

子どもにとって そんな親と向き合える住まいという環境は
とても大切になります。

 

高齢化による空き家予備軍が都市にあふれている!中古住宅の流通は今や必須!

私が思っていた以上に 現在の高齢者のひとり暮らしは 多いようです。
つまり、これから空き家がますます増えるということだそうです。

だからこそ
これからは本当に 中古住宅の流通がとても大切になってくるのです!

海外では 100年単位で 中古住宅の活用が考えられていますが〜
今までの日本では 家の価値は築22年になったら0と税金上では資産価値は考えられてきました。

昨年から やっとリフォームやリノベーションした住宅の価値が少し見直され、
改修した図面など証明するものがあれば 22年経った家でも
価値は0ではなくなってきました。

これからはリフォームしてより価値を高める事が大切になってきたのです。

新築好きな日本人ですが〜
住まいは建物だけではなく 立地がとても大事!

良い立地の中古住宅を選ぶという選択を
もっとして欲しいですね(^^)

立地の良い中古住宅をリノベーションして 価値を高める!

これが これからの住宅選択の在り方の主流になりそうです。