中古住宅の履歴書!

日本の中古住宅の市場が 最近やっと少しずつ変わってきましたね。

リフォームしながら大事に住んできた家を売却する場合
全く手付かずにしてきた家との価格的な違いはあって当たり前のはずです。
しかし日本の場合 戸建住宅の建物等は築年数だけで家の価値を決められ
主に土地の査定だけが売却価格の要因になってしまうことさえあります。
手直しして大事にしてきた家の価値が認められない状況なのです。

中古物件は表面的な見栄えだけでは分からないことがたくさんあります。
特に表面の見える部分だけではなく 見えない部分の配管などの状態が良いか悪いかは 購入する側にとっても とても大切なことになります。

弊社は 今までリフォームやリノベーションをたくさん手掛けてきましたが  その家の工事履歴書をすべて保存しています。 約30年分です!
ものすごい書類とデータの保存量になりますが
過去の工事をしたお客様から再度連絡や相談を頂いた時には必要になるからです。
例えば 電球一つ切れても次はどんな電球を買ったらよいだろうかと相談を頂いたりします。
時代とともに電球も変わりますし より良いものを提案するためには 既存のものを再チェックする必要がでてきます。だから 弊社のためにずっと工事履歴を保存してきたのです。

でも 最近は この工事履歴があるかないかで中古住宅の価値が変わってきました。
お客様のためにも 弊社は工事履歴をとっておいて良かったと思うこの頃です。

自宅を売却するときに 工事履歴がない場合は 最近は ホームインスペクション(住宅診断)を受けて 自宅の価値を客観的に診断してもらう方法もありますが これは目視で表面的な判断だけになります。見えない部分はやっぱりわかりません。

人間も年老いてくれば 内臓も血管も衰えますが外からは見えません。
いくら表面的にお化粧をしても 内部までは若返りません。
家も同じことです。表面だけの外装や内装をきれいにしても
見えない部分がそのままではこれからの耐久性は不安です。

家の健康診断になる工事履歴はますます大切になり その必要性が認められてきました。
中古住宅を購入する人にとっても とても良いことだと思います。

働き方に普通はない時代!

今年 創立30年を迎える弊社では ずっと当たり前だった週休3日!
日本でも10年位前くらいから少しずつ増えてきて やっと広がりつつある働き方になりました。

銀行だって郵便局だって病院だって 土日はほとんどやっていない。
核家族で子育て世代こそ ぜひほしい平日休暇1日なのです。

残業時間を規制する動きもあるけれども もっと生活に密着した働き方を考えるべきですね。

ネット社会であり シェア社会になってきたのです。
働き方は ますます変わってくると思います。

弊社の週休3日ももっとより柔軟に変わるべきと思って 昨年からは 月は4週 1か月は28日までの計算で働けるように目指しているところです。

「家開き」は まずは心を開くことから

普通の人にとっては「家」というものは 人生で1番大きな買い物、 そういうものではないでしょうか。

その今持っている価値ある高い買い物の「家」を 高齢になって活用しない手はない。

 
これからは 高齢者と現役世代の交流のまちづくりが大切だからと

多世代交流ができるようにと

住宅開発でいろいろなモデル事業が開かれているが すべての人がそこに入れるわけではない。

 

すぐにでき 自分からでもできることは 自分の家で多世代交流すればよいのです。

自分自身が心を開いて 家を開く 「家開き」を始めようと思うことからではないでしょうか?

 

「民泊」も「家開き」の一つ! シニアホストは高評価!

子どもなどが巣立って空いた自宅の部屋活用した「民泊」が人気らしい。
民泊で ゲストから高評価をうける「スーパーホスト」は シニアが多いそうだ。

訪日外国人を泊める民泊は勇気もいるし めんどくさいように思われるが
民泊は シニアの3大不安の「孤独」「健康」「経済」を 解消してくれるようだ。
外国人との会話が孤独を癒し メリハリや刺激のある生活が健康を維持し
謝礼が家計を助ける。

民泊という形でなくても 自宅を誰かのために役立て活用して 収入の足しにすることは
これからのシニア世代の暮らし方の一つになることは間違いないと思っている。

家開きの形は いろいろだが 自分がやってみたいと思うことを好きなようにすればいい。
自宅は 自分の家なのだから…。


 

 

 

 

美味しく、居心地の良い素敵な家開き!

横浜の穏やかな住宅地の中から 笑い声が聞こえてきました。
専業主婦のMさんが開催している自宅でのオープンサロン!

今回も やっぱり素敵!
お友達や近所の方が 彼女の手作りのケーキを食べながら 気楽に彼女の家のリビングでくつろいでいる。

子ども3人とお母さまとの6人家族で暮らしてきた住まいで
10年前に 家族の暮らしを大切にしながら 自分ペースで開いた自宅でのケーキ教室!

でも ただのケーキ教室ではなかった!

リビングは 普段は家族だけで暮らしている空間だったが
曜日によっては 教室になったりご近所の憩いの場になったりしている。

10年前に この家のリフォームに関わらせてもらった時には
家族の状況によって 自由に部屋の活用ができるようにと設計はしたつもりだが

こんなにも近所の方と親しく交流する家になったのは やっぱり彼女の行動力と明るい人柄の良さからですね。

家開きを始めて 来年で10年になるとの事!
彼女は 人の輪がより広がって いろいろな世代の方に囲まれて ますます輝いていた!

50代から考える住まい シニアリノベーション [家開きリノベ]

都会では 60代以上が半数住んでいるという日本のマンション。
もしも 築30年以上経ったマンションに これからもそのまま20年以上住むとしたら
歳老いて住んでいる自分のマンションは 50年以上前のものということになります。
そんな住まいで 老後を迎えたとき 安心して住んでいられるでしょうか?

住まいも老後の為に備えるタイミングが大切です。

「シニアリノベーション」を 知っていますか?
新築ではなく 今まで住んできた家、または既にある古い家やマンションを
老後のライフスタイルを考えて 全体的に見直し より良いものに改修工事することです。
故障したものや部分的な直しの リフォーム工事とは異なります。

老後を快適で健康的に暮らすためには
建物の表面的には見えない部分(配管や配線など)の改修と
衰えてきた身体に適した暮らし方のための準備が必要なのです。

マンションでなく戸建住宅の場合は
見えない部分に耐震構造的な補強等 より準備が必要な場合もあります。

定年を迎え、人生を再スタートする世代になったときの自分の住まいが
これまでの仕事中心の生活から 家庭にいる時間が多くなり趣味中心となったり
将来的に もしもの時の介護や介助がしやすく車椅子への対応やヘルパーさんにも分かりやすい等
そんなことも考えられている住まいになっているのか?

住宅ローンやリフォームローンは組めなくなる世代だから
退職金等の手元資金がどれだけ有るか、真剣に考えておかないと、
将来的に 金銭的なことやそれ以外で子供に負担してもらわないと対応できない問題がでてくることはないのだろうか?
子どもがいたとしても 今の時代は若い人たちは自分たちのことでいっぱいのはず。

だから 60代からの世代は、住まいについて考えておかなければならない事が
とてもいっぱいあるのです。

「シニアリノベーション」は できれば50代から考えていてほしいことだと私は思っています。
日本人の平均寿命は女性87.05歳、男性80.79歳になりました。

もし、自分が男性で今55歳だとしても 後26年生きなくてはなりません。
女性ならば後32年、今より若くなく動きが鈍く忘れっぽくなっても生きなくてはなりません。

子育てもローンも終わり定年退職してほっとして安心だと思っていた我が家は
そこからまた30年経っても 老後を快適で健康的に暮らせる住まいだと思いますか?

心身共に健康で穏やかでいられ、安全に守ってくれる場でなければならない自宅は
臨終の日を迎える時まで おひとり様になっても安心して過ごせる場にしておきたいものです。

だから 元気な50代から「老後の住まい」をもっと考えていてほしいのです。

私は 80代90代のお客様の住まいに関わってきたから気づいたことがたくさんあります。
そして 今年95歳になった自分の父の介護をしているからこそ
感じていることもたくさんあります。

だから この歳になった私だからわかったこと、そして これからの自分に必要な事を  ますます準備して   充実させていきたいと思っています。

機能はもちろん心豊かで生きがいある生活を送るために〜
シニアのための「家開きリンベーション」の必要性を  住まいの設計をしてきた者として  強く感じています。

「シニア」っていくつからなのかしら?

50代になって「シニアですね」と初めて言われた時は 正直びっくり!
自分が「シニア」なんて思ってもいなかったから・・・

ましてや老後なんて しっかり考えたこともなかったから・・・

スポーツの世界では スケートならば15歳からがシニア大会に出られます。
ゴルフは プロは50歳から アマは男性は55歳、女性は50歳からが「シニア」だそうです。

「シニア」って 本当にいくつからいうのかしら?
私の中では もっと年上 そう、70歳ぐらいのイメージでしたから^^笑

一般の人が「シニア」を何歳ぐらいからのイメージでいるかというと
やはり だいたい60歳前後からということだそうです。
ついでに言うと、「シルバー」「高齢者」は60歳代の後半からで、
「老人」は70歳前後からのようです。

もし 「シニア」が 50歳からだとしたら シニア時代は あまりにも長すぎると思いますね^^
だからこそ「シニア」になってからの生き方は 本当に大切です。
長い老後を 本気でしっかり考えないといけないということだと思います!
歳は重ねても 心はシニアにならないように!