先々のこと、将来のことを準備しない「 双曲割引」という心理的行動とは?

8月もあと数日、
夏休みも終わり近くなって 遊び過ぎた事に気がついて
宿題がたまって困ったことを経験したことありませんか?

これって「双曲割引」なのかもしれません。
行動経済学上の概念で、
「遠い将来なら待てるが、近い将来は待てない」という
人間の非合理的行動のこと、だそうです。

人生100年の今の長寿社会においては
自分自身の「双曲割引」を特に自覚しながら
行動することが大切です。

この「双曲割引」
ちょっと難しい言葉のように思えますが…

例えば
「1年後に痩せてる自分になる」というダイエット願望よりも、
「目の前のケーキ」を美味しく食べたいというの誘惑に負けてしまう、
1年後のローンの負担より 今のキャッシングの買い物購入を幸せだと感じる、
そういうことらしいです。
これは人の弱さではなく、動物の基本的性質として捉えられているそうです!

横軸に時間をとった場合、その効用をグラフにすると、近い将来が大きく影響し、
時間経過に従って傾きが寝てくるような、
双曲線状になることから「双曲割引」と呼ばれているそうです。

人は目先の欲求に屈して将来の計画をおろそかにする「双曲割引」
(いわゆる先延ばし)の傾向があるため、
目標に対してセルフコントロールが必要なのです。

これを自分自身が 自覚しているかしていないかで
長寿人生はかなり差がついてくると思いました。

私は いろいろなクライアントと打ち合わせしていると
目先の要求ばかりを優先する方が多いと思うことがあります。
先々のことは後でします、
できればもう少し経ったら考えます、
という方たちです。

住まいに関する工事というものは
急にできるものでもないし
お金も気力も体力も必要です。
だから 先々も考えて
今やっておいた方が良いことは何なのかを一緒に考えながら
合理性も共有したいと思っています。
何回も工事をしてよいと思っている方は また別なのですがね…^^

先々のことや将来の不安を
きちんと考えない、考えたくない、
そして 先延ばしにする、
そうすると
人生の向かう方向を失なったり、
遠回りすることもあります。
それが いいとか悪いとかではありません。

慌てることはないけれど
人生100年の今の長寿社会においては
自分自身の「双曲割引」を
特に自覚しながら行動していたいですね。

 

広告

人生の「資産」について考える!

人が生きていくために大切なものに「資産」があります。

そして その資産には
金銭的な「有形資産」と 友人関係や知識や健康など「無形資産」があります。

人は なぜか「資産」というと 有形なものだけを考えることが多いようです。
例えば 不動産とか 銀行の預金とか
すぐに客観的価値が表しやすいものを考えるようです。

しかし 客観的価値が表しにくい「無形資産」を持つことは本当に大切です。
健康な身体や精神、高度な知識やスキル、信頼できる仲間や家族がいる、
こういうお金には換算できない資産がとても大切なのです。

良い人生に対する考え方は 人によって違うかもしれませんが
私は 普通の人には 両方の資産がバランスよく必要だと思っています。

「資産」とは ある程度の期間 存続するものですが
その価値は ずっと同じように存続するものではないのです。

「有形資産の価値」は下がることもあるし あがることもあります。
だからメンテナンスや投資して 価値が下がらないようにしますよね。

でも 「無形資産の価値」も怠っていれば
価値がなくなることに気づかない人がとても多いのです。

友人に連絡をとらなかったり 家族を大切にしなかったり
知識を増やさず活用しなかったり 健康を大切に考えない生活をしたり…
それは「無形資産」を徐々に失うことになるのです。

「有形資産」だけでは人は幸せになれません。
「有形資産」を活用して 「無形資産」を継続維持させることが大切になります。

健康で安心した暮らしができるためには
住まいという器の「有形資産」だけをつくるのではなく
「無形資産」も大切に考えた住まい創りを
これからもしていきたいと思っています。

 

 

 

 

人生100年の時代の生き方

この夏休み中に考えていました。
人生100年の時代の生き方を。

この100年時代を考えながら どのように生きるかは
100歳になったときに 結果がでて 分かるということです。
もちろん その前に人生が終わることもありますが・・・。

だから 100歳になったとして自分をそこにおいて考えてみると
分かりやすいのかもしれません。
そうすると 今 どういうことをし、
何歳の時には何をしていて、と振り返りながら
どう長寿社会を生きていくかを考えることが
必要になってくると思います。

それは 老若男女 関係なく考えなければいけないと思っています。

日本では 現在の子どもたちの50%は 107歳まで生きる時代になるのです。
子どもの教育だって107歳まで幸せに生きるためには
何が必要か考えておくべきなのです。
今までと同じ時代ではないことは確かです。

これからは 60歳で定年退職なんてありえないのです。
若者が減り 100歳以上の高齢者がいっぱいいる社会で
子どもも 若者も 中年も 老人も
みんな 個人の責任で行動している可能性が高いのです。

もう一度 人生100年時代の対策を
自分のこととして真面目に考えることをお勧めします。