最新のインテリアを楽しむ!


7年前 新築高層マンション購入時に インテリアのアドバイスを依頼して下さったお客様を
業者だけに招待状が来る特別なカーテン新作発表会に お連れしました。

経年で暮らしてみたから分かった事に対応するために
ちょっとずつ手を加えていきたいと思うお客様です。

以前の打ち合わせでお好みもわかっているし
詳しいことを聞かなくても 短時間で相手の今の想いや意向も把握できます(*^^*)

良いものが見つかりました!
もうじき発売される新しい機能もある商品で
また新たな生活を楽しんで頂けると思うと私もわくわくします!

何年経っても 相談してきてくださるお客様にも感謝です^^

「豊かに老いる 」を自ら示してくれた日野原重明氏からのメッセージ!


7月18日に日野原先生がお亡くなりになりました!http://www.sankei.com/life/news/170718/lif1707180004-n1.html

日野原重明先生の本を読んだ方はたくさんいると思いますが
「豊かに老いる」とは
最後までよりよく生きる事だと自ら示してくれたと思います。

「いくつになっても人にはミッションがある」と繰り返していた日野原氏!
そして 日常生活では
体のみならず 心の安定を目指す姿勢を 示して来ました。

改めて 先生の本を取り出し
先生からのメッセージを再確認しました。
「きりのない願望が あなたをしあわせから遠ざけます」
「不幸には過敏、しあわせには鈍感」
「しあわせは目的ではなく結果でしかない」
「よい出会いがある。それはあなたの才能です。」
「仲間で群れ合っているかぎり、人も社会も成長しません」
「知恵は、伝えなければ持ち腐れに終わる」
「面倒でも手をかけなければ 家族は冷え切ってしまう」
「失うことを恐れるより 与えることで喜びは生まれます。」
・・・・・

先生のご冥福をお祈り申し上げます。

私が以前書いた日野原先生のこと ↓

https://akisekkei.wordpress.com/2016/10/04/%E3%81%BE%E3%81%A0%E8%A6%8B%E3%81%AC%E6%9C%AA%E6%9D%A5%E3%81%AE%E8%87%AA%E5%88%86%E3%82%92%E3%81%95%E3%81%8C%E3%81%99%EF%BC%81/

親の介護、家族ができる事には限界がある!

私が 父親の在宅介護を実家で手伝い始めてから 4年目になりました!

私は 3姉妹。姉妹で当番制で実家に行って 父の介護を手伝っているから
「3人の娘がいて 本当に良かった」と母は言います。

でも この当番制介護生活は いつまで続くのだろうかと考えると
いくら実の娘でも 疲れてきました。
母も 娘たちがする父への介護をずっと見ているので いろいろ考えてしまうようです。

最近は 母の言葉も妙にマイナス思考になってきて…
「長生きするもんじゃないわね」が口癖!

「とにかくボケないうちに 死にたいわね」とか
「私は介護されないうちに死ななければ…」
とか 言い出します。

そして
「生きる楽しみなんてないけどね~
介護されているおじいさん(自分の夫のこと)がいる限りは
まだやることがいろいろあるから 私は生きていなければいけないのよね」っと
最後は苦笑します。

こんな言葉が出てくる母は 特別では無いと私は思っています。
高齢のお客様宅に行っても 同じような話になることがあるから…

 

世間では 家族だけの介護に疲れている方がいっぱいいるのでしょうか
こんなチラシが町内会の回覧板で我が家に回ってきました。

介護される人がいるという事は  介護するその家族にも影響が出てきます。
家族だからこそ 介護される人の気持ちも分かるので
精一杯できることをしてあげたいと思って
頑張ってしまうし 辛くなることもいっぱいあるのです。

家族だけの介護には やっぱりヘルパー以外の
他人の明るく楽しい風を入れていく事が大切になると つくづく思います。

「家開き」の必要性を ますます感じます!
でも 急にはできない…
日頃からの準備は 本当に必要ですね!