保育園に子どもを預けて働くママたちへ❤

明日から4月になります。
初めて子供を保育園に預けて仕事に復帰するお母さんもいることと思います。
いろいろなことが不安だと思います。 私自身が30年以上前にそうだったように…。

朝 2人の子供を保育園に預けたとき 子供の悲しく泣き叫ぶような声を聞きながら先生にお願いして 振り返りもせず足早に園の外へ出たものです。通勤電車に乗るために 急ぎ足で歩く駅までの道で 私自身の目にもいっぱい涙が浮かんでいました。
そして なんでこんな辛い思いまでして私は働いているのだろう、明日食べていくことに困っているわけでもないし  今どうしても働かなくてはいけない理由など何もないのに どうしてなんだろう…と 自分に何度も問いかけながら涙をこらえながら 通勤電車に乗っていたことを思い出します。

でも私の中には 自分の行動を後押ししてくれる確かな目標があったことも分かっていました。
生活のために働いているのではなく 自分を成長させる必要があったのです。1級建築士の資格を取って 将来の夢に向かってスタートしていた私は 仕事を止めてしまったら取り残されてしまうような不安を感じていました。この建築業界で自分のやりたいことをこれからやっていくためには 今ここで私が頑張らなくていけない。子どもがいるからできなかったなんていう言い訳はしたくない。子供たちのためにも頑張る母でいよう!そう思って自分を励ましながら前だけを見て進んできました。

しかし 保育園に預けていた子どもたちは こんな親の気持ちなど悲しいくらいお構いなしでした。
親が出勤したあとは 笑顔いっぱいでたくさんのお友達と思いっきり遊んでいました。保育園が大好きになって お迎えに行ってももっと保育園で遊んでいたいようでした。
毎日 栄養もしっかり考えられた手作りのお昼ご飯やおやつをみんなと一緒に楽しそうに食べ、お散歩やお昼寝の時間もしっかりとって 規則正しい集団生活をしていました。
二人兄妹のわが子たちにとっては 小さい時から沢山のお兄さんお姉さんがいるような環境で育って 自然と子どもなりのルールを身につけていったようです。子どもは たくましく育ってくれていたのです。

まだまだ新米ママだった私にとっても 保育園のベテラン先生に教えられることは多々ありました。子どもが小学校に入った時に 自分一人で育ててこなくて 多くの大人に関わって育てられてきたことに本当に感謝しました。

今の私がいろいろな立場で物事を考え 仕事に活かすことができるようになったことには
やはり結婚して妻となり嫁となり 子どもを産んで母となった経験が大きいです。
子どもがいるということは 親としての立場がいろいろでき PTA父兄となり学校や地域と関わり  そして子どもが結婚したら 今度は姑となります。 孫ができれば祖母となり  そして親の介護をするという経験までさせてもらったこと、そして その間も社会人としていろんな人と接して仕事をしてきたことが 私の人生をより豊かにさせてくれたと思っています。

そして今の私は 次の世代のことを考えるという世代になりました。
時代は常に変わっていくもので 働く女性も多くなり働き方も変わってきたと思っています。

私の中でも これからは こうした方がいいのではないかと思うことがいっぱいあります。
だから こんな小さな私が発信することからでも 世の中が少しずつ良く変わってくれたらいいなといつも思いながら行動しています。

これから働くママたちも
自分の社会への小さな一歩が 誰かの役に立つスタートの一歩であることを忘れないでほしいです。

ぜひ大きな夢をもってください。
まずは その日の目標、そして今月の目標、今年の目標、人生の目標… そう思っていると 自然にその方向に向かっていくものなのです!
そして 毎日 笑顔で過ごすようを心がけていきましょう!
自分を幸せにするのは 自分次第ですものね^^

そんな笑顔の働くママの姿を子どもにも見せていきましょう!

週休3日の会社が増えている!日本にも 多様な働き方の時代が やっとやってきた!

今年になって   時短労働、残業制限などと  働き方改革が 政府指導で改正されています。

ずっと週休3日でやってきた弊社だってまだまだ課題はたくさんありますが〜 やってみたから分かるのです。休みの在り方は 働き方を大きく変え なぜこの仕事をしているのかという仕事の意義も考えさせられます。

日本で働きたいと世界の人から思われるような多様な働き方ができる魅力的な国を目指して 政府の働き方改革を進めて欲しいと思っています!

価値あるマンションの選び方!

先日 リクルート suumo(スーモ)『語りたいマンション特集』で 建築のプロとして 取材を受けました。今週3月14日火曜日から各駅に無料配布されている情報誌で「プロの読み解き」コーナーに 一部が掲載されています。

「語りたいマンション」の共通点は 「このマンションでずっと暮らし続けたい」というそのマンションの住民の強い思いが表れていることです。つまり 住んでいる人にどれだけ愛されているマンションなのかでその資産価値が決まります。新築時ではなく何年か経って中古になった時に そのマンションの本当の価値が現れるのです。
「駅に近い、利便性がよい」というような外的立地条件も大切ですが
それ以上に 「住み心地がよい」という心理的な安心感が最も重要視されているのです。
子どもにもいずれ譲りたい。または 子どもにもこのマンションで暮らして欲しいと思う住み心地の満足度が高いことが一番の特徴です。
そして このマンションを買いたいと思う人が常にいる。つまりは外部から見ても良いマンションと思われる価値が分かりやすいことです。

経年後も選ばれる価値あるマンションの条件は
①住民の資産価値への意識が高いこと
資産としての維持が計画的にきちん実行されていて 資産価値を上げることも考えられている。

②住み心地がよい人間関係を築いている。
世代を越えた多世代が繋がり 経年後も続いていく関係が築ける環境を作り続けていること。

③集合住宅という戸建住宅とは違う共同生活のメリットを認識している
このマンションを愛する価値観が同じ人との暮らしがある。
繋がり、連帯感、このマンションの自慢・誇り・好みが共通していること。

④マンションの管理組合の考え方・差別化が マンション価値を上げている
住民が一番よく分かっているそのマンションの良さをより深く掘り下げ
そのマンションならではの特徴とビジョンを表現できている。
マンションの管理組合の取り組み方でマンション価値も大きな差を生む時代です。

これからは 日本でも海外と同じように中古住宅の価値がますます見直されてきます。
マンションの数も増えました。
その中で 経年後も選ばれるマンションは そこに住む人間次第ということでしょうか。

今週号 リクルート suumo(スーモ)『語りたいマンション特集』には
選ばれた素敵な中古マンション事例が掲載されています。
どうぞ参考にしてください。

老後資金の「安心老後」と「貧乏老後」の分かれ道は、55歳? 住まい方の分かれ道は?

老後の預貯金、株式投資、保険、副業、自宅購入、不動産投資…どうすればいいかという科学的に分析した本が売れているらしい。
それによると どうやら55歳から準備をしていれば 老後資金は間に合うということらしい。

これは 住まい選びでも同じことだと思っている。
自分の老後の住まいをどのようにするかは 55歳から準備すれば間に合うだろう!

30代の家、50代の家 そして70代になった時の家
ライフスタイルも変わっていくのだから 住まい方も変わっていく。

55歳は これから迎える老後を少しずつ考えられる年齢でもある。
また 体力的にも金銭的にも 安定してきていることが多い。
心身共に充実している年齢だからこそ 人生100歳の時代を どう生きるか?
老後資金も住まい選びも 考える時期がとても大切になってくる。

今の時代の 50代 60代は
若い世代にも 歳を重ねた世代にも まだまだ必要とされる大事な世代だ。
しかし 忙しい年齢だが 自分の将来のこともしっかり考えて そして行動して 毎日を大切に過ごして欲しい。
「安心な住まい方」と「不安な住まい方」の分かれ道は 55歳から65歳の行動力次第で大きく変わっていくのだから~!

一緒に働いてくれる仲間を募集しています!

私が設計事務所を開いて 今年の秋で30年になります。

建築には全く関係ない普通のサラリーマン家庭で育った私が
ただ 建築の設計という仕事に憧れて 大学の建築学科に進み
10年の社会経験を得てから  個人で1級建築士事務所を立ち上げました。

自分に素晴らしい才能がある訳でもなく 何かの得意な分野がある訳でもなく
ただただ 建築が好きだから  デザインに関わっていることが楽しいという思いを大切にしてやってきた感じです。
そしてそのまま続けてきたら もうじき事務所創立30周年を迎えようとしています。

しかし 才能なんてなくても続けてこられた 本当の理由は
喜んで下さるお客様がいて  そのお客様のために 一緒になって頑張ってくれるスタッフたちがいたからやってこれたのだと思っています。
自分一人だったら こんなにずっとできなかったのでないかと考えています。

人は一人でできることなんて限られています。
自分ができることは 頭で考えているほどは できないのです。
だから それぞれが持っている得意なものやみんなの好きなことを活かしながら
信頼できる前向きな仲間と仕事をしていたいと思っています。

アキ設計は そんな新しい仲間になってくれる人を いま探しています!

子育て中のママの才能を活かしたい!
https://akisekkei.wordpress.com/2015/04/05/%E8%87%AA%E5%88%86%E3%81%AE%E4%BA%BA%E7%94%9F%E3%82%82%E5%A4%A7%E5%88%87%E3%81%AB%E3%81%99%E3%82%8B%E6%AF%8D%E8%A6%AA%E3%81%AE%E7%94%9F%E3%81%8D%E6%96%B9%E3%81%8C-%E5%AD%90%E4%BE%9B%E3%82%82%E5%B9%B8/

アキ設計は2017年で創立30年!
https://akisekkei.wordpress.com/2016/05/12/10%E5%B9%B4%E3%81%82%E3%82%8A%E3%81%8C%E3%81%A8%E3%81%86%EF%BC%81%E3%80%80%E6%9D%A5%E5%B9%B4%E3%81%AF30%E5%91%A8%E5%B9%B4%E3%82%92%E8%BF%8E%E3%81%88%E3%81%BE%E3%81%99%EF%BC%81%E3%81%9D%E3%81%97/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ただいまスタッフを募集中

スタッフに望むことは
自分だからできる事、自分しかできない事を大切にして
自分のミッションをしっかり持って 自己実現して欲しいと思います。

クライアントを幸せにするには まずは 自分自身が幸せな人生を歩んでいなければいけません。

私は幸せです。これからも 私には幸な人生がいっぱい待っていると思えるような明るく前向きな生き方ができる方たちを応援し 一緒に仕事をしていきたいと思います。

1級建築士の仕事、36年間から思う!

建築士の仕事のイメージは 一般的には
建物の設計をして  建築現場でヘルメットをかぶって監理しているイメージなのでしょうか?
テレビドラマなどによると そんな仕事に設定されているような気がします。

もちろん そういう仕事がメインで 大切なのですが…
私は 建物を設計する前のコンサルティングがとても重要だと思っています。
設計が向かっていく方向を 建主(クライアント)と共有できないと進めないからです。

表面的な希望は クライアントもヒアリングによって いろいろお話してくださいますが
その希望に至る本質みたいな思いを理解しないといけないと思っています。
だから 建築士の仕事の大半は 私は 実はコンサルティングであり 質問力だと思っています。
クライアントに本当に幸せだと思ってもらうために何が出来るのか?
ご自身にも気づいてもらうための 質問力です。

質問力って どんな仕事でも大切だと思います。
どんな質問をするかによって 答えも答え方も変わってしまうからです。

お客様自身でも気が付かない自分の希望や夢をかなえるために
いろいろな角度から提案し 質問していくことがとても大切になります。
建物のデザインや設計の力は その人の生き方まで変えてしまうことさえあるからです。
だから どれだけお客様のことを考えられるか が求められているのだと思っています。

建築士として そういう仕事に関われることは 責任も重いし
常にあらゆる分野の情報や勉強を欠かさない姿勢が大切だと感じています。

自分の人生の半分以上を 建築士としての仕事に携わってきた現在の私。
こんな私だからできる事は何なのか?
これからは この経験を建築士という枠内だけではなく
違う形でも貢献できるようにしたいと考えています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ただいまスタッフを募集中

スタッフに望むことは
自分だからできる事、自分しかできない事を大切にして
自分のミッションをしっかり持って 自己実現して欲しいと思います。

クライアントを幸せにするには
まずは 自分自身が幸せな人生を歩んでいなければいけません。

私は幸せです。これからも 私には幸な人生がいっぱい待っていると思えるような明るく前向きな生き方ができる方たちを応援し 一緒に仕事をしていきたいと思います。