思っていた以上に速い少子高齢化社会がやってきた!

65歳以上が  26.7パーセント!
とうとう 4人に1人以上になった。
そして 65歳以上の5人に一人が認知症の日本!

img_3094

 

そして15歳以下がまた低下で  12.7パーセント!
この日本の少子高齢化社会、少し早過ぎませんか?

また  全国で6人に一人は 一人暮らし…
独居老人が どんどん増えている現状…

これから将来、
若い世代にどんどん負担が掛る社会になっていく…

待った無しで見直すべきですよね。

今度の選挙、本当に大事です!

 

0歳から70歳代までが一緒に楽しむ音楽会〜!

歌に、ギターに、ピアノに、三味線 …
マリンバに、チェロに、サックスに、リコーダー…
音楽が好き~共通項はそれだけ!

連弾あり、グループ演奏あり…
もちろん ひとりでの素晴らしい演奏は 多々あり〜
すべて みんなが主役!

大人になって始めたそれぞれの音楽レッスン、
発表の場があると やる気にもなるし 上達の目標にもなる、
そんな素人のための音楽発表会も   今回で3回目。

集うみんなから笑顔があふれる、本当に素晴らしい音楽会だった!


自宅を「家開き」 して
我が家のリビングで そんなひと時を過ごせる私は本当に幸せ者です!



今までの音楽会の様子はこちら~^^
2回目
https://akisekkei.wordpress.com/2015/12/25/%e3%80%8c%e9%9f%b3%e6%a5%bd%e3%81%8c%e5%a5%bd%e3%81%8d%e3%80%8d-%e3%81%9d%e3%82%8c%e3%81%a0%e3%81%91%e3%81%a7%e7%b9%8b%e3%81%8c%e3%81%a3%e3%81%9f-%e3%83%9e%e3%82%a4%e3%83%9b%e3%83%bc%e3%83%a0%e3%81%a7/

1回目
https://akisekkei.wordpress.com/2015/06/16/%e9%a3%b2%e3%82%93%e3%81%a7%e9%a3%9f%e3%81%b9%e3%81%a6%e3%81%8a%e3%81%97%e3%82%83%e3%81%b9%e3%82%8a%e3%81%97%e3%81%aa%e3%81%8c%e3%82%89-%e6%b0%97%e6%a5%bd%e3%81%ab%e9%9f%b3%e6%a5%bd%e3%82%92%e6%a5%bd/

誰もが在宅医療までできる住まいを目指す!

私自身が歳を重ねると同時に
シニア世代のお客様からのリフォーム依頼が多くなってきた。

そして 最近は
部分改修や設備のリニューアルのような部分的リフォームだけではなく
間取りや建物の構造体の補強なども含めたリノベーションを多く手がける様になった。
いわゆる「シニア リノベーション」である。

「シニアリノベーション」は 住み慣れた家で これからの老後をどう暮らすかと考えたうえでの
最後の自分たちの住いづくりとなることが多い。

子育てが終わって ローンもほぼ返し終わった自宅で〜
さあ これからどう過ごすか?

築30年以上の今までの住まいに
今後20年以上住むとしたら、現状のままで大丈夫なのかと考えてみる。

定年後のこれまでの仕事中心の生活から 在宅中心の生活の場として
今のままの住まいは適しているのだろうか?

将来的に来るべき介護や介助がしやすい家に対応できるのかな?
例えば車椅子への対応などは問題ないのだろうか?

定年後は、住宅ローン、リフォームローン等は組めなくなるので
退職金等で手元資金に少し余裕が有る時に、真剣に考えておかないと、
将来的に子どもにも負担してもらわないと対応できなくなることもある。

そこで 住まいを老後の為に備えておこうとするのが
「シニアリノベーション」

お客様からのいろいろな相談を受ける様になって
シニアの困りごとやいろいろな生活をサポートしているうちに
弊社の「暮らしサポート」への要望も増えてきて~
お客様から将来の困りごとを学ばせてもらってきたような気がする。

そして 必要な時に必要なだけ、
暮らしサポートの提供を続けて 10年になった!

設計事務所なのに介護の手配まで得意になってきた。
前例のない建築設計事務所かもしれないけれど〜
私にとっては自然の成り行き!

今は最期まで自宅で幸せにくらしてほしいと考えて
在宅医療についても 私なりに学ぶようになった。

だから このような本も読んでいます (^^♪
「死に方は自分で選ぶ」

「シニア」っていくつからなのかしら?

50代になって「シニアですね」と初めて言われた時は 正直びっくり!
自分が「シニア」なんて思ってもいなかったから・・・

ましてや老後なんて しっかり考えたこともなかったから・・・

スポーツの世界では スケートならば15歳からがシニア大会に出られます。
ゴルフは プロは50歳から アマは男性は55歳、女性は50歳からが「シニア」だそうです。

「シニア」って 本当にいくつからいうのかしら?
私の中では もっと年上 そう、70歳ぐらいのイメージでしたから^^笑

一般の人が「シニア」を何歳ぐらいからのイメージでいるかというと
やはり だいたい60歳前後からということだそうです。
ついでに言うと、「シルバー」「高齢者」は60歳代の後半からで、
「老人」は70歳前後からのようです。

もし 「シニア」が 50歳からだとしたら シニア時代は あまりにも長すぎると思いますね^^
だからこそ「シニア」になってからの生き方は 本当に大切です。
長い老後を 本気でしっかり考えないといけないということだと思います!
歳は重ねても 心はシニアにならないように!

笑顔の素敵な人になろう~^^

我が家には 小学生はいませんが
町内会の回覧板で 地元の木月小学校のお便りが回ってきます。

今月は…

「喜ばれる」~自分も周りも共に幸せ~
笑顔で 頼まれやすい顔になると それだけで幸せに生きていける。

いつも 良いことかいてあるなって思って読んでいます^^

img_2980