車好きだから「安全運転三原則」再確認!

最近、ベテラン運転手による大型バスの事故が続いています。
原因はいろいろかもしれないけれども
運転ミスによる事故だとしたら本当に怖いです。

私は ほぼ毎日 車を運転しています。

18歳で免許取得して以来  今まで住んだ家が全て駅近くだったにもかかわらず
車のない生活はした事がありません。

車が好きですし、運転も楽しいからです。

でも 最近思います。
運転ってやっぱり怖いものだと。
そして運転って  何歳までできるのかしら?と。
車が好きだからこそ 先々まで考えて
限られたカーライフを楽しみたいと思っています。

保険会社のチラシからですが レーサーだった中嶋悟氏からのアドバイスの記事!
参考になりました(*^-^*)

①周りをよく見ること!
360度を意識的に見る。あたりまえかもしれませんが
ナビがあったり ハンドフリーの電話があったりと
私も便利なものに気をとられているかも…

②良く伝えること!
ウインカーを早めに出したり 次の行動を周りに予測してもらうって
歳と共にますます必要ですよね~。

③身を守ること!
車間距離とかは速度で決めるのではなく
状況や自分の反応時間を知ることが大切、ほんとその通り!
歳と共に鈍くなっていることを自覚しないとね… 汗

今日は夕方から雪道になるかもしれないとのこと!
慣れと過信には 気をつけたいと思いました。

広告

プロとしての仕事

人間は 自分に一番正直に生きることが大切だと思う。

だから 私は自分が創りたいものをつくる!

それは クライアント(お客様)を無視するということではない。
どれだけ本当にその人のことを思ってつくっていけるか!
正直、その気持ちが とても大切なんです。

使命なんかではない。

私がやりたいからやる。
私が喜びたいからやる。

だからそう思えなかったら いい仕事はできないんです。

今の自分だからできることに徹底的にこだわる。

それがプロの仕事なんじゃないかな?

みんなで支えあって一緒に幸せになろうよ!

昨日、昨年暮れに夫を亡くした知人が訪ねてきました。
50代で現役で忙しく働いていて病気に気づかなっかったご主人は
病気に気付いてから1年足らずであっという間にこの世を去ってしまったそうです。
彼女はもともと一人っ子、お子さんもいなかったので 本当に夫婦仲も良かったようです。
急に独りぼっちになった彼女の悲しみは 私には想像もつかない深いものだろうと思います。
喪中だった新年は ご主人の兄弟家族と一緒に過ごしたとのことでしたが
通常の生活に戻った今は 一層悲しみが増し 老後の不安と孤独を急に強く感じているそうです。
持ち家はあるけれども 老後はホームを探さなければならないかと 今はそんな心境だそうです。

しかし 最近 心配してくれる友人が 自宅に来てくれることが多くなり とても嬉しく思っているとのこと。 夫婦二人の時は 友人が来ることを面倒に思っていたそうですが
もっと人が気楽に来れる家にして夫の友人も招いていれば良かったと後悔しているそうです。

でも これからでも遅くないと私は思います。
私が いつも話している「家開き」、
独りになっても 一緒に支えあっていく仲間と幸せに生きていくことができたら良いと思っています。

今 私が考えている新しいコンセプトの「人が集まり支えあうデザイナーズホーム」を 早く実現していきたいと思った次第です。

少子高齢化で人口減少の時代、これからは若者が減っていきます。
若者からのサポートや介護をあてにした受け身だけの老後ではなく
自分たちも異世代に何らかの役に立ち お互いに支えあって
楽しく幸せに生きていくことを考えた素敵な老後を送れたらいいですね^^

アキ設計では 毎年新年に発表しなければならないことがあります。

目先のことにこだわらず もっと大きな視野で物事を考えよう!
お互いに刺激しあいながら みんなに発表することで 有言実行しよう!
スタッフみんなでそれを応援しよう! という思いからの恒例行事!
本年もそれぞれの目標発表がありました!

「普通はこうです」と言って物事を片づけてしまう考え方が大嫌いな私です。
常識を知っていても 普通ほど発展性がなく面白味もないことにこだわる人は
生きていくことが 狭められて 自分自身で自分を生きにくくしていると思っています。

今 世の中で便利だと思うものは ほとんどが 昔はなかったもので
普通の考えだったら 生まれてこなかったものだと思います。

普通とか 当たり前とか 常識とか を 超えたものを考えることが
これからの時代に必要で便利なものを生み出し
新しい幸せが広がる力になるのだと思っています。

今年もアキ設計のスタッフは それぞれが自分の夢を語りました!
夢を現実に変え 「なりたい自分」を目指して またみんなで頑張っていきたいと思います。

新年 仕事スタート!また子連れ出勤が始まりました!

今年の仕事始めの日、
まず最初にみんなでした事は ベビーベッドの組立!

このベッドを組立るのは 今回で5回目。
みんなのデスクの真ん中に置いて設置完了!
誰もがベビーの様子を見られるようにしています。
気づいた人誰かが その時に対応できるようにしています。
未婚のスタッフも もうベビーの扱いには慣れたものです😄

保育園に預けられるまで 子連れ出勤が当たり前のアキ設計、
新年スタートは 可愛いベビーの声と
穏やかなスタッフ達の笑顔で始まりました(*^^*)

新年初日のアキ設計は 今年も幸せにスタート!
スタッフブログでも みんなの幸せな様子が書かれていて嬉しく思います。

アキ設計 スタッフブログ
http://ameblo.jp/a-k-s/entry-12114439662.html

自分が欲しいと思うもの、あったらいいなと思うものを作る!

アキ設計は 週休3日の会社!

昨年暮れに 舛添都知事が 「これからは都庁も週休3日にする」といって話題になったり
秋には 「ユニクロの週休3日」も ニュースになったけれども

私は 会社設立時から平日1日を休みとして 土日休日ともに 週休3日にしてきた。
銀行や郵便局や病院に行くためには 主婦には必要であったので
そういう会社にしようと思ったからだ。

アキ設計には ルームリフレッシュという オリジナルなハウスクリーニングサービスがある。
10年ほど前に 建築工事現場が終わって引き渡し前に まだ誰も入っていない建物を
男性による専門業者が短時間で手際よく補修しながら あらゆる部分の掃除をしていく様子を見て
主婦の掃除の仕方とは全く違うと思った。
こんな掃除をすでに住んでいる我が家でもやってほしいと思った事から
掃除業者に頼んで一緒に考えて作ってもらった私の希望からできたオリジナルサービスの
ルームリフレッシュ」なのだ。

忙しい主婦や力の弱い女性には このサービスは 思った以上に好評で
毎年暮れの大掃除は夏ごろから予約がいっぱいになる。

昨年暮れに 初めて利用してくださったお客様がブログに喜びを書いてくださった。
http://ameblo.jp/misakinoe/entry-12112211926.html

毎年 利用してくださる方のブログも本当に嬉しい。
http://ameblo.jp/tea-time-milk0707/entry-12087971513.html

自分が幸せと思うことを形にしていくことで
誰かの役に立ったり喜こんでもらえることは とても嬉しい!

だから いつまでも欲張りな自分でいることが 何かの役に立つかもしれないと
次の「あったらいいな」を考えている私です^^

 

2016年 新しい年を迎えて思う事!

あけましておめでとうございます。

昨年も多くの方に多大なお力添え頂き  幸せに暮らせたことを心より感謝しております。

1年間は あっという間に過ぎてしまうと感じていますが
一つ一つの出来事を思い出すと 昨年も本当にいろいろなことがありました。

私の中で 何よりも今までの生活と全く変わったことは
親の介護を初めて自分自身が経験するようになったことです。

昨年3月に 父が 近所の道で転んで 通りがかりの人が救急車を呼んだことから
急きょ、入院することになりました。
94歳でも気丈でしっかりしていた父でしたが 院内感染から入院が長引いて
退院したときには 介護が必要になり認知症になりました。
年老いた母と私たち姉妹で いろいろなケアを活用して 実家での介護生活が始まりました。

私は住まいの設計を通して いろいろなお宅の介護生活にも関わりサポートしてきていますが
介護は される人もする家族も 心身共に本当に大変だと感じています。

しかし 幸いにも 我が家は
そんな父と 新しい年を明るく迎えることができて本当に嬉しく思っています。

年の始まりに 最年長者が 最年少者から順番に注いで飲む「お屠蘇」を
今年も父が しっかり注ぐことができました。

私は 自分の経験から感じたことを私なりに考えて
誰かの役に立てるように仕事に活かしていこうと常に心掛けていますが
今年は 今まで以上に介護のことを考えていきたいと思っています。

介護は この高齢化社会では
誰にでも どこの家庭でも 起こり得るすべての人の問題になってきました。

いつか 介護される人も、介護する人も、
精神的・肉体的・経済的に 多くの人が不安を感じていると思います。

年老いて一人になって介護が必要なっても 金銭的な余裕があれば
どこかの老人ホームに入るという選択肢もありますが
新年早々 老人ホームのいろいろなトラブルや事件も 報道されています。

私の老後の理想は
いつまでも 住み慣れた我が家で 心身ともに健康で楽しく安心して暮らすことです。
将来 自分の家を理想のひとり老人ホームにできたら良いと思っています。
そのためには やはり 心がけと準備が必要です。

将来のことを考えつつ 日々の暮らしを心豊かにできる住まいの在り方を
今年はさらに追求していきます。

今の私だから 分かること できること を
みんなを楽しく巻き込んで 極めていきたいと思っています。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。