先端技術が私を退化させていく?

昨日は  中国、上海にお住いのお客様と
スカイプで仕事の打ち合わせさせて頂きました。

便利な世の中になりました。

スカイプのアドレスを一度登録しておけば
名前だけで通信できて すぐにつながって
顔を見ながら話し合う事ができます。

ありがたいことです。

でも
お客様のアドレスは覚えていません。
電話番号もおぼえていません。
住所も分かりません。

昔の私は お客さまの住所や電話番号はほとんど覚えていました。
つねに住所録を持っているのは大変だし 覚えようと意識して覚えました。

でも いまではパソコンやスマホにすべて記憶させているし
それを持ち歩いているから 覚えることをしません。

実は 覚えているほうがなんでも速いので本当はラクなのですが
覚えるということを意識しなくなって
何でも自分の頭ではなく スマホに記憶させています。

漢字だって読めるけれども だんだん書けなくなってきました。

伸びるべき才能や能力を使わないと 本当に退化してしまう。

便利な世の中になってきたのですが
頭も身体も使わないでも事が済む生活に 少し恐怖感を感じています。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中